Skip to content →

大手の風俗店を利用する側も性病リスクの軽減を意識しなければならない

性病にならないためには、どうしたら性病にかかるのかという知識が必要だと思う。性病の種類によって、感染経路が異なってくるが大部分が性行為。病院で性病検査をおこなってから一生性行為をしないということであれば感染確立は大幅にさがるわけですが、そんな選択肢選びたくないですよね。

では、どうやったら性病に感染するのかから考えて見ます。病原体が居る可能性がある場所は、尿道・精液・尿・外陰部・膣分泌液・肛門・直腸・便・口腔・唾液・血液等です。

まず、ノーマルな性行為ですと、コンドームを付けることにより相手の病原体を自分の中に進入するのを防げます。しかし、ここでオーラルセックス(口での性行為)をしてしまうと、喉に病原体が感染することがあるのです。

どうしても、オーラルセックスが避けれない場合はあらかじめお互いの性病検査をしてから行為を行うことで多少のリスクは軽減できますが、なるべくしないのをオススメします。

さて、アブノーマルな性行為についてですが、肛門での性行為の場合、肛門内の病原体が男性器へうつるという経路なので、これもコンドームで防ぐことは可能です。

しかし、コンドーム自体が破れるという可能性があるので、コンドーム着用でもあまりオススメはできません。さらにハードプレイの性行為に関しては、飲尿や排便とうあるかもしれませんが、これに関しては性病以外の病気のリスクもありますので、もう、性病どころか体に害をきたすところも含めて受け入れてしまうか、しないかどちらかしかないと私はおもいます。

性行為以外での性感染症もHIV・梅毒・B型肝炎などいろいろありますが、これらは先天性以外にも血液で感染することがありますので、歯槽膿漏状態でのキス等にきおつけるといいのかもしれないと思います。

このような事を少しでも頭の片隅においていただければ多少の予防にはなるとおもいます。

Published in ブログ