Skip to content →

いやらしさを倍増させるオプションで大手の風俗店の女の子との時間を充実させる

大手の風俗店のサイトではローションを多用します。風俗嬢が濡れてもいないのに触られることを警戒してローションを局部に塗ってくこともありますし、ソープのマットプレイのようなものに使うローションもあります。

男性の局部にも、ローションを使うでしょう。それぞれの使用方法やシュチュエーションにぴったりのローションがあります。

例えば風俗のマットプレイなどでよく使われるローションは、成分がポリアクリル酸ナトリウムのローションです。水分を吸収して粘り気を出すのがポリアクリル酸ナトリウムの特性です。

バラと女性

食品にも使われるほど安全性が高いものですから、安心して使用できます。少ない量でも粘り気があり、ねっとりとした触感が人気。

コストパフォーマンスもよいので、ローションプレイなどで大量に使う大手の風俗店で用いられているのです。しかしこの成分は洗い流しにくいという特徴があります。

肌に残るとあらゆる水分を吸収してしまいますので、肌の乾燥を招きます。ローションを使ったマットプレイがある大手の風俗店の女性が肌荒れに悩まされることが多いのは、このローションのそういった特性にもあるでしょう。

このローションが膣内のような洗いにくい場所に付着すると厄介です。ビテを使って、根気よく洗い流すようにしなければなりません。

マットプレイなどに使うローションはポリアクリル酸ナトリウムで充分ですが、愛液の代用品として使うローションの成分には、グリセリンがオススメです。

水に溶けやすく保湿性があります。そのため肌の乾燥などもポリアクリル酸ナトリウムのものに比べて招きにくく、膣内のようなデリケートな場所に使うのに適しているのです。

とはいえ、これは単価が高くなりますので、潤沢に使うわけにはいきません。潤沢につかっても、ポリアクリル酸ナトリウムのようなネットリ感や糸引き感はありません。

出典★お得な風俗の求人情報 http://www.pginternet.com/

エロ心をそそるような触感と見た目がないものです。アナルプレイなどは膣に使うときのように「うるおいを助ける」というものでは不十分ですよね。

潤いに高い持続性が必要になります。これに適したものは、シリコンを成分としたローションです。アナルプレイがメジャーな欧米諸国では、このローションが重宝がられています。

デメリットは「落ちにくく、シリコンを使ったアダルトグッズに使うと、溶かしてしまう可能性」です。その他にも様々な成分のローションがあります。

拭きとるだけでローションが落とせる、合成ポリマーの一種を成分とする「水洗い不要」のものも新しく出てきています。ポピュラーなのはこのポリアクリル酸ナトリウムとグリセリンです。

使用感の違いや用途目的などを知って、大手の風俗店遊びをもっと楽しみましょう。